トップメッセージ

こんな業界は成立するわけがないという声が多数派であった1999年に、アップガレージは創業しました。

「カー用品をもっと身近に、親しみやすく」
不要なものを買取りに出し、中古カー用品が安価で購入できればユーザーのカーライフの裾野は広がるだろう、そのような思いからこの事業に着手しました。

2014年に設立15周年を迎えられたのは、特に“車やバイクを人生の相棒とする”お客様から絶大なご支持をいただいたことにあると思います。一人ひとりのカー&バイクライフのステージアップに貢献すべく駆け抜けてきた結果が、今日のアップガレージを創りあげています。
最近のトピックスといえば海外1号店である「バンコク カセナワミン店」を直営店として出店したことです。
3年以上前からの構想がやっと実を結んだことを嬉しく思っています。中長期的には2016年までにASEAN地域に10店舗の出店を視野に入れています。また、国内においてもしばらくの間ブレーキをかけていた直営店の出店を再開しています。

これまでは株式会社アップガレージに3つの事業部(アップガレージ、クルーバー、東京タイヤ)が同居していましたが、2015年4月1日からクルーバーホールディングスに3つの事業会社(アップガレージ、ZERO TO ONE、東京タイヤ)がぶら下がる形に変わりました。これは2020年度の目標達成に向けての取り組みの一環で、さらなる発展のために必要な変革です。
グループ全体としては“中古”にとらわれることなく、車やバイクに関わる様々な事業にチャレンジします。

引き続きご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 石田誠